今日は毎年恒例の学童のバザーに行きました

毎年、この日に娘たちが通ってる学校の学童が校庭を使ってバザーをしているのですが行ってきました。昨年までは娘を学童に入れていたため、強制的にお手伝いに参加させられていました。

学童に預けている親は必ず何かしら役員にならないといけなくて、実行委員はもちろんのこと、当日は絶対に親も子供も販売員として参加だったのです。子供たちも各学童で販売するものを夏休み中から手作りで製作し、それをバザーの日に子供たちが売り子となって販売します。

クオリティが高いもののもあればそうでもないものもあり、最後の方は叩き売りみたいなことをする上級生がいて売り上げが学童の収益になるからとらいって子供たちに大変なことをさせてるなと思っていました。

もちろん学童の先生もいるんですけど、メインは完全に子供たちです。ここの学童はイベントが多いので、バザーだけでなくキャンプも夏冬とあったり親が大変な思いをするものが多く、仕事してるから学童に預けてるのに親の負担が半端ないのです。

今年は関係ない立場でバザーに行くことができたので、娘たちとお友だちは何日も前から楽しみにしていました。朝からバザーへ行って色んなゲームやくじ、学童の子たちが作ったヘアゴムは一緒に行ったお友だちとお揃いで買って500円渡して足りないって言われるんじゃないかなと思ってしまったのですが、そんなことはなく十分楽しめたみたいで良かったです。

いつもは販売してる側でマジマジと見るのは初めてだったんですが、中には掘り出し物みたいな物もあって大人の人も結構多く来ていました。娘が10円で買った本は古本ではあるけど、見た目が綺麗だしブックオフなんかで買ったらもう少し高いんじゃないかって思うほどでした。

家に着いてからは早速買ったものを広げて遊んでいて、飽きるまでは当分このおもちゃで遊んでくれそうです。また来年もやると思うので、娘たちが行きたいと言ったら良いものが多かったので行かせてあげたいと思います。

久しぶりにホームセンターへ行ってみました

何を思ったのか、父が「廊下にじゅうたんを敷きたい」と言い出しました。昔から一度言い出したら家族の意見になど耳を貸さない人なので、こうなったら何を言っても無駄です。金がかかり過ぎて無理だと分れば諦めるかもしれないということに一縷の望みをかけて、とりあえずホームセンターへどのような品があるか下見に行くことにしました。

家の近くに大きなホームセンターが営業していれば楽なのですが、そこは地方都市の悲しさで結構な距離を時間をかけて車で向かうことになります。全国にチェーン展開している店だけあって品揃えも豊富、ちょっとした工事に使うくらいの道具や材料ならば楽に揃えられそうな位です。

それなりの値段がすることを願っていたのですが、こういうときに限って願いは適わないことが多いような気がします。最近ではDIYとかで簡単なリフォームならば自分でやる人も増えてきたようで、それに合わせていくらでも必要な商品は置いてあるようです。敷物の類もこれでもかというくらいに大量に販売していました。

ちょっと高級なじゅうたんは流石に買う気もおきないような値段でしたが、タイルのように敷き詰めるタイプの敷物を発見してしまいました。サイズは50cm四方で、値段は税込みでも300円とかなりお手頃な上にそこそこ簡単に施工できそうです。ならばその場で購入するかと言うと、そうもいかないのです。

最終的な購入判断はほとんどすべて母がします。何故かと言うと品物を見る目というかセンスが壊滅的だからです。勝手に購入したとして、うちの大蔵省が金を払ってくれるはずがありません。

とりあえず、購入の目処が立っただけでも満足したのか、父は意気揚々と帰ることを宣言しました。店の側からすれば、ただの冷やかしにしか見えませんが次に来るときは客になるかもしれないので勘弁してもらいまする。

帰りの車内で運転しながらどれくらいかかるのか計算していました。我が家はたいして大きくないのに廊下は他の家より広いのです。横幅が150センチあるとすれば、横に3枚ならべることになり、1メートル敷き詰めるごとに1800円です。玄関から奥のトイレまで8メートルだと14400円になるのか、と無駄に思える出費に頭を抱えたくなる帰路でした。

メイクに対する考え方が変わってきたよ

私もいい年した大人なんで一応メイクとかするんですね。すっぴんで過ごしてもいいんですが、世の中なかなかスッピンの女性にちょっと厳しいですよね。でも、私は特にメイクを負担には感じないので毎日のようにメイクはしています。

メイクを始めたのは、大学の進学ともにですね。高校でも同級生とか化粧している子たちはいたのですが、私は全然興味がないというかむしろ何でそんな化粧濃くしてるんだろうと不思議に思うような質だったんです。

大学になったら、さすがに女子大生は8割以上の人たちがメイクしているので自分でもやらなきゃなと思って自然とメイクを始めました。今思うと、あの時のメイクは下手過ぎたなと反省ですね。

でも、それこそ可愛くなりたいとかそういう思いはあったのですがメイクに対する興味は人よりも薄かったので、知識も全然なかったので肌荒れとかが酷くなっちゃったりして困ったことになったんです。

なので、それからはちょっとずつスキンケアとか化粧品にも注意はするようになったんです。でも、それが最近はメイクに対する考えがちょっと変わってきたんですよね。
もっとメイクの腕を上げて、より魅力的な女性になりたいし、可愛い化粧品ももっと欲しいなと思うようになってきたんです。

たぶん、そうなってきたのはインスタとかSNSの発展が大きいんですよね。女優さんとか、タレントさんが使っている商品をインスタで紹介していたり、youtubeでメイクの仕方を紹介していたりしているのを見ると、自分でもその商品が欲しくなるし、メイクの仕方を真似てみようってなるんですよね。

やっぱり、文章で説明されるよりも動画だとすごく分かりやすいし、自分でもできるかもしれないって思えるんです。メイクって、雑誌とかでも紹介されてますが、結構みんな自己流でやっているので、SNSを通して色んな方法を知れるのは面白いしためになるんですよね。良いですよね。そうやって、ネットを通じて色んな情報をシェアしてより可愛い女性が増えていったら楽しい世の中になっていきますよね。

お金がないなら家の中の物を売ればいいという話

お金がないなら持ち物を売るしかない。ですが、「家に高値がつくような貴重なものはない」という頭を抱えてしまう人も多い事でしょう。安心してください、高値とは言わなくてもそれなりの値段で売れるものは多いもの。実はこんなものもお値段がつくんですよ。

コイン・金貨

オリンピックや万博といったビックイベントが行われる場合、式典を記念してコインや金貨が発行されています。こうしたコインや金貨は収集マニアの間で高く取引されることもあり、家の片隅に落ちていたたった一枚のコインが高価買取の対象になったという夢のある話も実際にあるのです。

古いタンスの中や、物置きの中に変わったコインや金貨がないか探してみましょう。保存状態によっては化けるかもしれませんよ。

不用品・粗大ごみはリサイクル

壊れた家電製品など大物は捨てるのがめんどくさくてそのまま放置されがちです。なんと、一見粗大ごみに見えてしまうような使えなさそうなものでも買取サービスの対象になる場合があるんです。

家電製品の中に含まれている部品などは、リサイクルして他の製品に転用することができたりします。なので、本体が壊れてしまっていてもリサイクルショップに持ち込めばお金に変わる可能性が残っているのです。

無料の出張見積もりサービスを行う不用品回収業者もあるので、ダメもとで壊れた家電製品を買取してもらえるのか聞いて見る価値はありますよ。

いらない古着を売る

せっかく買ったもののサイズが合わずにほとんど着ることがなかった洋服。こうした比較的キレイな洋服は、ブランド物だったりするとかなり高い価格がつくこともあります。

古着屋に持ち込んでもいいですし、メルカリやヤフオクといったネット通販を利用してもすぐにさばくことができますよ。押入れの奥やタンスの奥を探ってみましょう。自分でも忘れていた着なくなったまだ使える洋服が見つかるかもしれません。

子供用品は高く売れる

ベビーカーやランドセルといった子供用品はお宝です。子供用品はかなりお値段が張るため、中古でも需要が多く引き取りてが見つかりやすいという特徴があります。子どもが大きくなって要らない子供用品があるご家庭ならば、ネットオークションを活用してお金を作れる可能性が高いですよ。

お金がないなら物を売る