今日は毎年恒例の学童のバザーに行きました

毎年、この日に娘たちが通ってる学校の学童が校庭を使ってバザーをしているのですが行ってきました。昨年までは娘を学童に入れていたため、強制的にお手伝いに参加させられていました。

学童に預けている親は必ず何かしら役員にならないといけなくて、実行委員はもちろんのこと、当日は絶対に親も子供も販売員として参加だったのです。子供たちも各学童で販売するものを夏休み中から手作りで製作し、それをバザーの日に子供たちが売り子となって販売します。

クオリティが高いもののもあればそうでもないものもあり、最後の方は叩き売りみたいなことをする上級生がいて売り上げが学童の収益になるからとらいって子供たちに大変なことをさせてるなと思っていました。

もちろん学童の先生もいるんですけど、メインは完全に子供たちです。ここの学童はイベントが多いので、バザーだけでなくキャンプも夏冬とあったり親が大変な思いをするものが多く、仕事してるから学童に預けてるのに親の負担が半端ないのです。

今年は関係ない立場でバザーに行くことができたので、娘たちとお友だちは何日も前から楽しみにしていました。朝からバザーへ行って色んなゲームやくじ、学童の子たちが作ったヘアゴムは一緒に行ったお友だちとお揃いで買って500円渡して足りないって言われるんじゃないかなと思ってしまったのですが、そんなことはなく十分楽しめたみたいで良かったです。

いつもは販売してる側でマジマジと見るのは初めてだったんですが、中には掘り出し物みたいな物もあって大人の人も結構多く来ていました。娘が10円で買った本は古本ではあるけど、見た目が綺麗だしブックオフなんかで買ったらもう少し高いんじゃないかって思うほどでした。

家に着いてからは早速買ったものを広げて遊んでいて、飽きるまでは当分このおもちゃで遊んでくれそうです。また来年もやると思うので、娘たちが行きたいと言ったら良いものが多かったので行かせてあげたいと思います。